マッチョ軍団VS電波!人体でスマホの電波は遮断できるのか!?

社領エミ 2015.10.1

こんにちは、株式会社人間の社領エミ(しゃりょう えみ)です。
みなさん、スマホは好きですか?

私は大好きどぇ~~す!!!

スマホって、メールもできるし電話もできるし、SNSもネットもゲームも買い物もできる…。便利ですよね~!スマホって超おもしれぇ~!

まとめサイトおもしれぇ~

近頃は、トイレにも風呂場にも寝床にもスマホを持ち込む生活になっており…。私、完全にスマホ中毒となっております。

現代を生きる私たちにとって、今や片時も手放すことができなくなった"スマホ"。
そんなスマホが、実は水中では電波が極端に弱くなるということはご存知でしょうか。
スマホの電波は水の中だと無茶苦茶屈折するので、うまく通じないんだとか。

実際にdocomoのスマートフォン、Galaxy S5 ACTIVEで試してみました。
防水性・耐久性に優れるスマホなので、水に直接突っ込んでも大丈夫な優れもの!
こちらの機種、機種紹介のプレゼンでは実際に水中に入れられたり地面に叩きつけたりもされてきた、かなり頑丈な機種だそうです。
ちなみに、11月には最新機種も出るらしいので要チェックです。

我が家の浴槽に沈めてみたところ、

浴槽の中ほどまで徐々に沈めてみると…あ!

確かに圏外になった!

しかし水で圏外になるなら、他の湿気た物質で包んでも圏外にできそう。
そういえば昔、"人間の60パーセントは水"って子供のころ理科で習ったような…。

もしかすると、
人間の肉体で電波を遮断することも可能なのでは!?
実験してみた~い!

常日頃からスマホには何かと助けられていますが、その分ズブズブ依存してしまいがちだったここ最近…。
ちょうどいいし、ここいらで上下関係をはっきりさせてやろうじゃないの!

人間様の肉体で、スマホの命である"電波"を切ったるわ~~い!

自分の身で実験してみる

ということで、まずは実際に自分の身ひとつで実験してみることにしました。

【ルール 】
人間の肉体でGalaxy S5 ACTIVEを包み込んだ状態で
社領の携帯から電話をかける。
携帯が着信すれば失敗。携帯が着信しなければ成功。
また、実験は電波が全て立つ場所で行うこととする。

果たして人体で電波を遮ることはできるのか。実験開始です!

まずは、私がスマホをお腹に挟んでうずくまり、電話をかけてもらいます。
水中だと電波を通さない携帯電話。果たして、人体でも電波を遮ることは可能なのか?

「ピロロ♪」(着信音)

鳴った。

電波はばっちり4本

そりゃそうですよね!これっぽっちで電波が入らなくなっていたら、満員電車なんてどーなるんやっちゅう話です!
では、体育座りではどうでしょうか。

「ピロロ♪」

やっぱり無理か…。


結論:一人で電波を遮るのは無理。


しかし…まだだ!ここで諦めるわけにはいかない!

二人で実験してみる

一人で無理なら二人でやるのみ。
株式会社人間のインターン、高見さんにも協力してもらうことに。

icon_syaryo 高見さん。好きなものは「ギャル語」と「エジプト」

肉の厚さで包み込むのが一番では?ということで、二人の間にスマホをはさみ、くっつく!くっつく!

「そういえば、生まれてこの方男性とこんなことしたことないな…」と急に冷静になってしまった。
この世に生まれてもうじき25年になるが、一体わたしは25年間何をして生きてきたのだろうか…。
そんな中実験してみたのですが、当然のごとく結果は☓! しかし、

うわ!電波が3本に!

二人でスマホを挟むと、電波を弱くすることができた!
ということは、もっと密着すれば電波を遮断できるかも?
試行錯誤をしながら、二人で色んなポーズをやってみました。

「ピロロ♪」

「ピロロ♪」

「ピロロ♪」

「ピロロ♪」

はい駄目~~~!

結論:二人でも電波を遮るのは無理。

先ほどのポーズ、全てバリバリ4本でした~!

やはり二人ぽっちでは歯が立たなかったスマホの電波。
ここまで来たら、一回大人数で囲んで、スマホをもみくちゃにしてみたい!
さっきの3本は、人体の水分のおかげだったのか?はたまた只のバグだったのか?

証明した~い!

ということで、急遽ほかの協力者も集めて実験を行うことに!

集まったのはアメフト部員たち

しかし、よく考えてみると、携帯の電波って満員電車でも通じちゃうくらい強いですよね。
半端な肉体では太刀打ちできないのでは?

ということで、こちらの方々にお越しいただきました。

アメフト部の現役大学生10名様です!

でかい!

すごい!みんな超がっちり!笑顔がキラキラ!
そして、挨拶が「おはようございま~す!」ととっても爽やか!

ということで、携帯の電波を切るために・・・。

ガッチリ肉の壁!アメフト部の皆様にご協力頂きま~す!

実験のために私も正装しました

肉のトンネル!

うわ~!全国のトンネルがこんなだったら良いのに~!日本100周ドライブできちゃうわい!
しかしこの写真、

アメフト部の皆様の輝く笑顔の下で私が白目剥いてるのが印象的ですね。

アメフト部員の肉体で携帯の電波は遮れるのか

早速実験にうつります!

まずは、

携帯を抱えてうずくまった私の上に
アメフト部員さんたちにどんどん折り重なっていただく
肉ドーム作戦!

さぁ!アメフト部の皆さん、全員この上に容赦なく乗ってくれ!

あ、あれ…?

これひょっとしたら、かなり私利私欲でできた企画では…?

そうお気付きのみなさん、大正解~!
何を隠そう、私は若くてマッチョが大好き。
下心丸出しで編集部に「アメフト部が私を包み込む記事なんてどうっすか?(笑)」と言ってみた結果、
本当にアメフト部が手配されてしまったのです。

いやぁ、まさか本当に手配されるとは。

そして、

まさか本当に包み込んでくれるとは…。

夢心地というのはこのことでしょうか。私の頭上に10名以上のガッチリしたマッチョが!こんなの初めて!二酸化炭素のこもるドームの中で深呼吸する幸せ!はぁ~空気がうまい…。お金払わなくていいんですか?

しかしこんだけ肉の壁があれば、もう電波くらい遮断できちゃうのでは!?
ていうか重い。暑い。アメフト部の体重を受けた膝が割れそう!早く電話をかけてくれ~!

icon_syaryo 高見さん)
かけますよ~

「ピロロ♪」

「…鳴ってます…。」

高見さん)
はい。外まで聞こえてます

社領)
やっぱり鳴るか…。

さすがは電波。簡単には遮断できないか、と思いきや…。

社領)
あ!!電波が二本になってる!

すごい!ちゃんと肉で電波遮れてるっぽいぞ!

そもそも先ほどの写真のように、外から顔が見えるくらい"サイドががら空き"というのがダメなのかもしれない。
次は、サイドを重点的に塞ぐ肉まんじゅう作戦をとることに。

うずくまる私のサイドをがっちりガードしてもらうぞ!

サイドを

ガッチリ

ギャ~~~!!!!!!!

今、私は生まれて初めて男性と添い寝している……。

生まれて初めて…

男性の腕に頭を乗せている……。
生まれて初めて…

男性の股間に頭を突っ込んでいる………。

そのまま耐えること5分。

できた!

先ほどより小さくなっていると思いませんか?より密度を上げるよう、気をつけて包んでみました!

幸せ度は先ほどの5倍以上!これ本当にお金払わなくていいんですか?

高見さん)
では、電話かけます

社領)
はい!

シーン

あれ?

シーーーン…。

社領)
……鳴らない…!!
鳴りません!!!!

もしかして、電波の遮断に成功した!?

その時のスクリーンショット。
ばっちり圏外だ!やった~~!!

できました!!

アメフト部11人を使って、電波遮断に成功しました!
人の肉体でスマホの電波を遮断することは、可能でした~!

社領)
で、できた~!!やった~!!
みなさん、本当にご協力ありがとうございました!

アメフト部員の皆さん)
よし、おめでたいので胴上げしましょう!

社領)
え?

わ~っしょい!!わ~~っしょい!!

社領)
マッチョ最高~!!!

結論:マッチョが11人いると携帯を圏外にできる!

電波を遮断できる最小人数は何人なのか

アメフト部11人+私の計12人で、無事スマホの電波を遮断することができました!
人間、すごい!人間の水分すごい!

でもそれって、本当に12人も必要なの? 本当はもっと少ない人数でできるのでは?
ひとつ実験してみることに。

【1名の場合】

今回集まったアメフト部員の中で、一番の肉厚な男の子に挑戦してもらいます!
私の肉体よりもだいぶお肉が厚いので、もしかしたら…?

「ピロロ♪」

通じた。
やはり、1名でスマホの電波を遮断することはできない様子。


【2名の場合】

お次は2名。一番ガッチリしている部員二人の胸にスマホを挟み込み、抱きしめあってもらいました。

なんて平和な光景だ…

単純にでかい

しかし、やっぱり電話は通じた!ここまで肉厚な二人でも電波は遮断できないのか…。

これで、アメフト部1~2名ではスマホの電波を遮断することができないということに。


【3名の場合】

では、3名ではどうか。

一番肉厚な男の子に土台になってもらうことに!

そして、腹の上のスマホを左右から挟み込む!なんだか見ていて幸せになる図である。

この状態で電話をかけたが…鳴った!
やっぱり3人でも無理なのか?
しかし、この時点で電波は2本になっている。電波は確実に弱められている!

ということで、次は3名のまま、もっと密着して携帯をガードしてもらうことに。

上下でガッツリ重なってみた

さて、電波は通じているのか?
電話をかけてみる。

シーン…。

…お!?

る、留守番電話サービスにつながった!
ということは…

電波遮断成功だ!

がっちり「圏外」マーク!

マッチョが3人重なれば携帯を圏外にすることができることが判明!

結論

これにて無事実験は終了!
怪我もなく終われて本当によかった。

今回の実験に対する結論は以下。



<アメフト部が11人集まれば、スマホを圏外にできる!>

アメフト部が11人集まればスマホを圏外にできることが判明!
アメフトの試合中によく見られる光景ですが、
実はこの時、中心の人の携帯は圏外なのです!

<というか、3名いれば圏外にできる!>

アメフト部が3名地面に折り重なるとスマホを圏外にできることが判明!
アメフトの試合後は、ついつい疲れてこんなポーズになりがちですよね。
実はこの時、だいたい間にはさまれた子の携帯は圏外なんです!

<圏外にするならアメフト部!>

いろいろなポーズに笑顔で対応してくれたアメフト部の部員達。
突然「ピラミッドになってくれ!」とお願いしても、スムーズにこの体勢に!優しい~!
スマホを圏外にするなら、やっぱり心優しいアメフト部!

ということで、アメフト部の皆さん!シーズン真っ最中だというのに怪我も恐れず、
笑顔いっぱいで実験に協力してくださり、本当にありがとうございました!

最後に集合写真を。空晴れすぎ、気持ちよすぎ!

今回のこの実験とっても楽しかったので、皆さんも是非お友達とやってみてくださいね!

あと、合コンでは絶対にしないで下さいね。
こんな密着できる実験、合コンでやったらかなり盛り上がれるのが目に見えてますが、
よそ様の男女がピッタリくっついてキャッキャしている様子を想像して…ゾッ…!!
彼氏のいない私が、カップル成立の協力なんてしてたまるかっつ~の!

絶対に!!合コンではしないでくださ~い!!!!!

お願いしまーす!

では!
社領でした。

電波って不思議やな。まあ、大切なんはいろんな所でつながることやけど、その点ドコモは、広くて速いらしいで。

ソーシャルにシェアするで

この記事を書いた人

社領エミ(しゃりょうえみ)

1990年兵庫生まれ。「面白くて 変なことを 考えている」会社、株式会社人間に勤めるヒラ人間。恥の多い生涯を送っている。

Twitter
https://twitter.com/emicha4649

ほかの記事も見よし。